忍者ブログ
Fortune and misfortune are next door neighbors. 「禍福はあざなえる縄の如し」ってとこですかね。
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    HN: ニャギ茶

    性別: 男性

    職業: くたばり損ないの猫

    趣味: 工作&洋弓&カレー

    自己紹介:
    色々と試行錯誤しながら珈琲の自家焙煎や焙煎機の工作などをしています。
    趣味とリハビリを兼ねてアーチェリーもやってます。
    最新CM
    [03/18 ニャギ茶]
    [03/17 mikumiku]
    [04/29 ニャギ茶]
    [04/29 ニャギ茶]
    [04/29 ニャギ茶]
    最新TB
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと御縁のあるカバン屋さん兼喫茶店のプレオープンでいただいたアイスコーヒーがとても美味しかったので、簡単に出来る部分のみ真似してみました。
    話は単純、今まではアイスコーヒー用のポットで水出ししていたのを、ホットコーヒーと同じようにお湯で淹れて冷やすのみ。
    もちろん喫茶店ではネルドリップできちんと淹れているそうですが、そこまではさすがに真似できません(笑)
    ちなみに豆はマンデリンのストレートだそうです。(珍しい……)

    マンデリンは「苦味メイン」と聞いていたので生豆を注文する際には敬遠してたのですが、焼き方や淹れ方が良いのか、苦いだけでなくとてもコクのある美味しいものでした。
    私の豆は今はブラジルのレカント農園のものですが、アイスコーヒー用に深煎りしたこれをコーヒーメーカーで淹れて冷蔵庫で冷やしておくだけで、確かにいつもよりも濃く出るわりにスッキリしていて、かなりグレードがアップした感があります。
    アイス用の豆を熱湯で淹れたからといって、苦味が強くなりすぎたりクドくなったりといったことはないようです。
    なんといっても、アイスコーヒーポットに比べて短時間でできるのが嬉しいですね。(ポットだと8~10時間→お湯で淹れて冷却だと3時間)

    参考までに、お店はこちら。まさに今日(6月19日)オープンです。
    こないだまでカバン屋さんでしたが、最近移転した際に、喫茶店を兼ねるようになりました。
    犬が店長やってます(笑)
    PR
    以前に5キロも買ってしまったコロンビアですが、これは特に深煎りの焙煎難易度が高く、えぐい苦味がすぐに出てくる傾向にあります。
    (それよりもずっと前に買ったコロンビア・スプレモでも同じ傾向だった気がします)
    私の自作焙煎機では色々と限界があるので、この焙煎機で焙煎しやすい豆を開拓しつつ選んでいくしかありません。
    深入りで甘みとコクを出しやすいものを探して、となればモカ系が良いのだろうけど、いかんせんモカは高い……などと思っているところに、お店から宣伝メールが届いたのでした。



    ・エチオピア イリガチャフG2
    甘 味 ■■■■□4
    酸 味 ■■■■□4
    苦 味 ■■□□□2
    コ ク ■■■■□4
    欠点豆30グラム/3キロ
    内容はカビ、欠け豆、屍豆、虫食い、小さすぎる豆など

    いつもお世話になっている World Beans Shop さんでセールになっていたので、3キロほど購入しました。
    3キロで3297円と、イエメン・マタリが高くてなかなか手を出せない私にとっては、代用モカとしては非常に魅力的な価格です。
    (てゆーか、これをモカとして売っているお店も多いようですね。「イリガチャフ」でググると、「モカ・イリガチャフ」という名前で大量に引っかかります。モカの本場イエメンがコーヒー農家に厳しい環境(=品薄)になって価格が高騰しているだけで、実質的にはほとんど違いはないのかも知れません)

    ハンドピックした感じでは、全体的に小ぶりでピーベリーが目立ちました。
    また、欠点豆としては、育成不良なのか極めて小さい(ものによっては米粒みたいな)ものも混入しており、これは今までには見たことのないケースです。
    指定農園ではなく零細農園のものを集めたようですが、管理基準的にはあまり大きな期待はできなさそうです。

    とは言え、美味しけりゃ文句はないので、まずは焙煎してみるところからですね。
    アイスコーヒー用に甘みの強い奴を探してたら、コロンビアの農園指定の豆が安くなってたので5kgほど買いました。
    ハンドピックが大変でした……。
    ドライオンツリーで甘みを強く出したいと思い試行錯誤するものの、中々思うように行かないので、思い切って豆を変えてみました。
    今日到着したガテマラ3キロ。
    前に一度買って気に入ったものの、やや高めなので手を出さないでいたのですが、たまたま20%OFFになってたのでまとめ買いしました。
    面倒くさくなる前にさっさとハンドピックしちゃいます。
    随分前に買って放置してたブラジルドライオンツリー3キロ。
    今回は3キロの袋がドーンと届いて、見るだけでやる気が無くなってたのですが、そろそろ焙煎しないと生きて行けないので。
    ブラジルドライオンツリー1キロとタンザニア2キロを購入。
    3キロで4000円、一杯単価12円です。
    最近のコーヒー豆高騰で結構高く感じます。
    注文していた生豆が到着したので、早速ハンドピックをしました。
    天気:快晴、風あり
    気温:32℃
    湿度:44%
    水洗い:一切無し
    焙煎機:自作回転式(手回し)
    天気:曇り時々晴れ、無風(終盤のみ曇り、風あり)
    気温:28℃(終盤のみ30℃)
    湿度:45%(終盤のみ55%)
    水洗い:一切無し
    焙煎機:手振り網
    天気:晴れ、微風
    気温:26→28℃
    湿度:50%
    水洗い:一切無し
    焙煎機:手振り網
    HOME
    Copyright © ニャギ茶房 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]