忍者ブログ
Fortune and misfortune are next door neighbors. 「禍福はあざなえる縄の如し」ってとこですかね。
2020 . 07
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • プロフィール
    HN: ニャギ茶

    性別: 男性

    職業: くたばり損ないの猫

    趣味: 工作&洋弓&カレー

    自己紹介:
    色々と試行錯誤しながら珈琲の自家焙煎や焙煎機の工作などをしています。
    趣味とリハビリを兼ねてアーチェリーもやってます。
    最新CM
    [03/18 ニャギ茶]
    [03/17 mikumiku]
    [04/29 ニャギ茶]
    [04/29 ニャギ茶]
    [04/29 ニャギ茶]
    最新TB
    ブログ内検索
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと御縁のあるカバン屋さん兼喫茶店のプレオープンでいただいたアイスコーヒーがとても美味しかったので、簡単に出来る部分のみ真似してみました。
    話は単純、今まではアイスコーヒー用のポットで水出ししていたのを、ホットコーヒーと同じようにお湯で淹れて冷やすのみ。
    もちろん喫茶店ではネルドリップできちんと淹れているそうですが、そこまではさすがに真似できません(笑)
    ちなみに豆はマンデリンのストレートだそうです。(珍しい……)

    マンデリンは「苦味メイン」と聞いていたので生豆を注文する際には敬遠してたのですが、焼き方や淹れ方が良いのか、苦いだけでなくとてもコクのある美味しいものでした。
    私の豆は今はブラジルのレカント農園のものですが、アイスコーヒー用に深煎りしたこれをコーヒーメーカーで淹れて冷蔵庫で冷やしておくだけで、確かにいつもよりも濃く出るわりにスッキリしていて、かなりグレードがアップした感があります。
    アイス用の豆を熱湯で淹れたからといって、苦味が強くなりすぎたりクドくなったりといったことはないようです。
    なんといっても、アイスコーヒーポットに比べて短時間でできるのが嬉しいですね。(ポットだと8~10時間→お湯で淹れて冷却だと3時間)

    参考までに、お店はこちら。まさに今日(6月19日)オープンです。
    こないだまでカバン屋さんでしたが、最近移転した際に、喫茶店を兼ねるようになりました。
    犬が店長やってます(笑)
    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    印度への道:チキンカレー(野菜カレー) HOME 印度への道:角煮カレー
    Copyright © ニャギ茶房 All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]